店舗集客の方法【無料で教えます】報酬は評価だけで結構です。「初心者向けのマーケティング」

店舗集客の方法【無料で教えます】報酬は評価だけで結構です。「初心者向けのマーケティング」

店舗集客【無料で教えます】報酬は評価で結構です。

あなたのお悩み無料で解決いたします。報酬は僕のSNSにコメントで評価していただければ結構です。

何故ならコロナで大変な時期に「どうにかしたくてもお金が無い」そんな、本当に困っている人のお力になりたいだけだからです。

そこで、マーケティングやSNS集客を勉強して実際の店舗で成果がでた僕のスキルを「本当に困ってる」店舗運営の事業者さんの為に【無料で集客お手伝いします】

1・まず僕の「公式LINE公式」にご相談のコメントを送ってください。

2・具体的に悩んでる部分を明確にして解決方法を探します。

3・実際に「ご自身で集客出来るスキルを身に付けて貰う」ために出来ることを提案させて頂きます。

4・一つ一つ実行して頂き、成果が出る感覚を養ってもらいます。

「その中で実際に集客が出来たら大成功だと思ってください」

マーケティングは一度身に付ける事が出来れば、あなたの経営人生を助けてくれる事間違いなしです。

逆にマーケティングを知らずに経営をする事は、とても無謀な事だと認識してください。

そこで、僕の【無料で集客お手伝いします】に興味が出たならば是非一度「公式LINE」で連絡ください。マーケティングを身に付けて集客の不安を解消してください。(冷やかしでも結構です)

「お店をやっているけど新規集客が出来ない」

「お店をOPENしたけど集客が分からない」

「開業を考えてるけどお客さんが来るか心配」

こんな悩みを抱いてる方は是非ご連絡ください。僕が得意なのは「マーケティングの初歩」です。

「連絡するのはちょっと不安」そんな方の為に、ここからは文章で内容をご説明します。

マーケティングとは?

マーケティング: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

まずは「マーケティングって何なのか?」そこから始めましょう。意外とココを知らずに開業して「集客と売上」に悩む方が多いと思います。

【マーケティング】とは?調べると色々な意味が出てきますが、個人的に好きな答えは

営業しなくても商品が売れる仕組み

これです。「集客と売上の悩み」を解決するために大きく関わるスキルになります。

まずは、

簡単に説明する為には「なぜマーケティングが必要なのか?」を話します。

店舗集客する時、壁になる原因の一つが「こんなに良い商品なのに何故売れない?」って感じる部分です。

「良い商品」だから提供したいと思って開業しているからしょうがない事ですが。

皮肉な事に、これが「集客」でつまずく原因の一つになっています。

そこで、この悩みを解決する方法は「良い商品だから売れる」考えは捨てる事です。

もちろん「良い商品」は売れます。

でもいくら良い商品だとしてもお客さんが手に取るまでは「価値」は発生しないと認識してください。

そこで必要になる「商品をお客様の手に取ってもらう方法」これがマーケティングです。

「お店や商品の売り込み」をしているうちは「集客」が出来てない証拠なのです。

あなたに必要なのは「マーケティング」の知識なのです。

悩みを明確にする

まずは自分が「何に悩んでいるのか?」「なぜ悩んでいるのか?」を明確にしましょう。

良い商品をたくさん売りたいのに、なかなかお客さんに提供出来ない。

かと言って「売り込んでも売れない」

実際にお客様の手に自分の商品を取ってもらうには?

そこで必要なマーケティングの一つ「3C分析」(英単語の頭文字がCの為)です。

分かりやすく(横文字苦手なので)「シジキ」とします。

シ・【市場】実際に商品を提供する(手に取って欲しい)お客様の事です。

ジ・【自社】自分が提供したい商品。

キ・【競合】同じ商品を提供する他のお店。

この3つを紙に書き出してください。

ここで重要なのは、戦う相手(競合)を間違えない事「例・単価の違いすぎる大手」とか。

自分は何と戦っていて、どんな戦略を立てれば戦場で勝ち抜く事が出来るのかを明確にする

これが「シジキ」を書き出す意味です。

では、出来るだけ具体的に書いてください。

【市場】あなたの商品を手に取ると幸せになれる人はどんな人達ですか?性別は?年齢は?なぜあなたの商品が必要どんな職業の人に多い?何の為に必要?どんな悩みを解決する?どんな人が欲しがる?

【自社】あなたが提供したい商品は何?どんな強み?他社との違いは?他社との値段の違いは?なぜ提供したいの?なぜそんなに売りたいと思ったの?なにがそんなに凄いの?

【競合】値段は?売り方は?どれぐらい売り上げてる?なぜそれを売ってる?評価は?評価が悪い理由は?評価が良い理由は?

この3つを、とにかくたくさん具体的に書いてください。

完成した「シジキ」これがあなたを勝利へと導く「指示機」となります。

具体的な戦略を立てる

シジキを見ながら「具体的な戦略」を立てましょう。

マーケティング用語で「4P分析」です。(英単語の頭文字がPの為)

【商品】品質・機能・ブランドイメージなどを考えます。

【流通】購入方法・仕入れ・品揃えなどを考えます。

【価格】定価・原価・割引などを考えます。最近では「サブスク」と言って定額制のサービスもビジネスモデルとして代表的です。

【宣伝】チラシ・HP・SNSなど認知度を上げるための活動です。

今回は集客がメインなので「宣伝」について戦略を立てます。

SNSマーケティング

店舗の集客に有効な「SNS(ソーシャルネットワークサービス)」を利用します。

SNSは沢山ありますが、その中でも「Facebook(フェイスブック)」「Twitter(ツイッター)」「Instagram(インスタグラム)」が店舗集客には有効です。

では、どのようにSNSで集客に繋げるかが重要です。

それを理解するには、お客様の心理を知る必要があります。

お客様の心理とは

最初に話しましたが「売り込み」をすると商品は売れません。

【いい商品です!買ってください!】では、売れないって事です。

いくらあなたがSNSで自分の商品を宣伝しても売れないが証拠です。

では「どうすれば売れるのか?」

まずは「どんな人ならあなたの商品を買うか」を考えましょう。

例えば【あなたの商品に興味があり・価格も納得している・あなたの知人】ならどうですか?

すぐにでも売れる気がしませんか?

でも、あなたを知らない他人が興味のない物をあなたから買う確率はどうですか?

おそらく0に近いです。

なのに「そんな人たちに集客している」それが現状です。

でも、答えは既に出ましたね。

「あなたの商品に興味があり」「価格も納得している」「あなたの知人」なら売れる。

この3の要素を作れば、あなたの商品を手に取る「見込み客」になるのです。

その3つを作れるのが「SNS」です。一昔前なら自分の足で作る大変な作業も現代ならSNSを駆使すれば「見込み客」が作れるのです。

※ここからがマーケティングの面白いところです。

あなたの商品に興味があり

自分の商品に興味を持ってもらうのは簡単な事ではありません。

しかし、もともと興味がある人ならどうでしょう?

SNSにはタグ付けと言って「#〇〇〇」で投稿すると、そのキーワードを検索した人はあなたの投稿を見る事ができる機能があります。


つまりSNSでは自分の商品に興味がある人に見てもう事が重要になります。

でもそれを知らずに、旅行の写真やランチの写真など趣味の写真ばかり投稿してしまう方が多いです。

例えるなら「魚を売るのに釣具屋で販売してませんか?」って事です。

晩御飯の魚を買いに「釣具屋」に行く人は居ないって事を理解してください。

そこでやらなければならない事は、

あなたの商品に興味がある人を「フォロワー」として集める必要があります。

簡単な方法は2つ。

1・キーワード検索して興味を持ってる人を「フォロー」する。

これは単純ですが意外と効果的です。

ヒント・あなたの地域の同業者をフォローしているアカウント=あなたの商品に興味を持つ可能性が高いアカウントになりませんか?

2・広告を出す有料にはなりますが効果は絶大

これは本当にオススメの方法です。何故なら自分が実際に試して一番効果が出たからです。

理由は、広告の設定にあります。

普通の店舗はチラシを作って自分の地域に配ります。価格は5~10万ぐらいでしょうか?

インスタグラム広告の表示設定は、自分のお店からの半径・性別・年齢・興味でターゲットを絞って出せます。つまり無駄なく見込み客を集める事が出来るのです。

広告費の設定も可能で、何百円~出来るので安心です。

詳しくはコチラの記事で書きました。

Instagram広告で効果絶大の集客法を教えます【無料公開中】

価格も納得している

価格に関しては簡単です。ご新規様「無料」が一番効果的です。

理由は簡単です。「商品は手に取って価値が発生する」からです。

あなたの手元にある限り0円って事です。

あなたの知人

ここが一番重要で、勘違いしやすい部分です。

※あなたの知人を増やす訳ではありません。

「あなたのSNSを見た人が、勝手にあなたを知人と認識する」事が重要です。

意味分かりますか?

例えば、「毎日見掛ける管理人さん」と「たまに見かける管理人さん」どちらも喋った事ない管理人さん。

隣人とのトラブルを相談するならどちらの管理人さんに声を掛けますか?

誰もが「毎日見掛ける管理人さん」って答えると思います。

何故ですか?毎日見るから信用できそう?

ここで重要なのは、どちらの管理人さんもあなたの事は知らないって事です。管理人さんからすれば、何故自分が選ばれたのか意味不明です。どちらもバイトのおじいさんです。あなたにも興味はありませんし、ましてや隣人トラブルなんて論外です。

でも、人は毎日見掛けるだけで「安心感や信頼」を勝手に抱くのです。

これが「SNSが集客に繋がる」理由です。

何回もあなたをSNSで見掛ける事で、勝手にあなたを知っている(安心出来て信頼できる)人として認識してしまうのです。

これで、あなたの商品を手に取りたい「見込み客」の出来上がりです。

いつの時代も【人は人に集まります】

人がお店に集まる訳ではありません。

まずは、あなたが何を売りたいかを明確にしなければ「見込み客」すら探せないということです。

問い合わせ先

実際にあなたに興味ができた人が商品を手に取りたい場合の問い合わせ先が必要になります。

SNSのプロフィールに問い合わせ先の設定があるのでそれでも構いませんが、オススメなのは「公式LINE」です。

あなたの店舗の公式LINEを作り「お友達登録」してもらう事により、いつでも問い合わせしてもらえるようになるからです。

公式LINEには「クーポン」や「スタンプ」など店舗運営に役立つ機能が備わっています。

基本機能は無料なので是非活用してみてください。

問い合わせから実際に来店してもらうためにも、しっかりと対応できるように準備が必要になります。

不信感や不安をいかに取り除くかが「来店」の決め手になります。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。今回書いたのは「マーケティング」の基礎です。

実行して頂ければ実際に「問い合わせ」に繋がる方法です。

そして、実際に問い合わせが来たら「マーケティング」って楽しいって思ってもらえると幸いです。

これ以外にも「ブランディング」などを駆使する事で更なる効果が生まれます。

実際にSNSで集客出来ている人たちは、それを巧みに利用する事で沢山の集客をおこなっています。

マーケティングを理解する事で様々な事を「集客」に繋げる事ができますが、新規のお客様をリピーターにする事も重要ですので「ブランディング」の勉強も必要になります。

SNS集客マニュアル・特典としても販売してます お友達登録時の特典プレゼントとしても好評です。

こちらの記事も参考にしてみてください。

「インスタたくさん投稿してるのに問い合わせがこない」

タイトルとURLをコピーしました