インスタたくさん投稿してるのに「問い合わせがこない」

インスタたくさん投稿してるのに「問い合わせがこない」

インスタグラムでたくさん投稿してるのに全然「問い合わせが来ない」そんな、集客でお悩みの経営者必見の記事になります。

「品質や価格」だけを宣伝していませんか?

大切なのは「提案」する事です。

ブランド「力」

ブランドのマーケティング部で活躍されている、方々が使う話し方は

「抽象化」

です。

抽象化(ちゅうしょうか、: Abstraction、: Abstraktion)とは、思考における手法のひとつで、対象から注目すべき要素を重点的に抜き出して他は捨て去る方法である[1]。反対に、ある要素を特に抜き出して、これを切り捨てる意味もあり、この用法については捨象(しゃしょう)という[1]。従って、抽象と捨象は盾の両面といえる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/14 06:34 UTC 版)

例えるなら「レクサスとフェラーリ」

フェラーリはとても壊れやすい高級車で有名ですが、フェラーリのオーナーさんは車が故障しても周りに「またフェラーリ壊れちゃったよ」「直すのに200万掛ったよ」など、逆に自慢話のように話すそうです。

これが、フェラーリのブランドがもたらす「力」ですね。

では、レクサスが故障ばかりしたらどうでしょう?オーナーさんは喜んで周りに話しますか?

すぐにディーラーに「クレーム」を入れる事でしょう。

これが、レクサスとフェラーリのブランド「力」の違いですね。

ブランドが持つ付加価値

ブランドが戦略化出来ると「付加価値」が付きます。

人は、高級なのに不便で壊れやす時計を付ける理由はなんですか?

その時計を見につけている自分は「成功者」のアピールが出来る。

その時計を見につけていると、もっと仕事が頑張れる。

などの「付加価値」に高額なお金を支払うのです。

それらのブランドは「価格や品質」で勝負していますか?

時間も見にくいし壊れやす時計が高額で売れる理由は「安さや品質」ですか?

どう考えても違いますね。

ブランドによる付加価値ですね。

お店のブランド化

では実際にあなたのお店の商品をどう「ブランド化」するのか?

「ミートボール」の話をご存じですか?

高級レストランでお弁当に入れるあの「ミートボール」を出してモニタリングしたんです。お店を出てきたお客さんに味の感想を聞くと、「とても高級な味がした」と話す。

このモニタリングから分かる事は、お客さんは料理よりも高級レストランの雰囲気にお金を支払っている事が分かります。

「高級レストランで食事をする」

という付加価値ですね。

ここで考えなければいけない事は、「お客さんは価格や品質を求めてますか?」

って事です。

お客さんが求めているのは「付加価値」です。

その店に行けば「欲求が満たされる」という付加価値を求めているのです。

物語を売る

商品を売るには物語を売る事です。

あなたのお店の商品を購入する事で、手に入る物語を売りましょう。

お客様は共感から興味を持ちます。

ぎゃくを言えば興味のないもに共感はしません。

まずは、共感をもってもらう事で興味を引きます。

「悩みの共感」

・ダイエットがどうやっても成功しない

・英語がなかなか上達しない

など、その商品を必用とする人の悩みを明確にしましょう。

悩みを明確に表現する事で「共感」が生まれます。

「共感から興味へ」

あなたのお店の商品を購入する事で、お客様の悩みがどう解決するのかは明確にしましょう。

・続かなかったダイエットが続けられる

・英語が少しずつ喋れるようになる

など、どう解決していくのかを説明します。

悩みが解決できる事への興味が生まれます。

「興味から購入へ」

※ここが一番重要です※

悩みが解決出来る事で手に入る物語を売るのです。

・ダイエットに成功して彼氏が出来た♪

・英語が喋れる事で就職が決まった♪

など、なやみが解決すると手に入る「物語」を宣伝するのです。

同じ悩みを持った人なら高確率で「問い合わせ」してくる事でしょう。

この一連の流れを「物語」として、商品を宣伝する事が「抽象化」です。

共感がブランドを生む

あなたのお店の商品を「抽象的」に物語として売る事により、あなたのお店は「ブランド」となります。

なぜなら、あなたのお店に行けば「物語が買える」からです。

ブランドとは、購入すると手に入る物語がある商品の事です。

それは、価格や品質を凌駕する存在になります。

嫌な言い方をすると「どれだけ他より高くて質が悪くても」

価格と品質で勝負してるお店には負け無くなるって事ですね。

これが出来れば、その業界ではほぼ敵が居なくなると言っても過言ではありません。

そうやって、どの業界にも頭一つ抜けた商品が存在するからです。

物語を提案する集客

今回、この記事に書いた事をインスタグラム広告で利用したところ2倍以上の問い合わせが来ています。

驚きもありますが「商品を売る」と言うよりかは「売れる商品を作る」に考え方を変えた為、

心のどこかで納得できた部分が大きかった結果になりました。

実際に作った画像がコチラです。

他の子が小顔で自撮りの投稿あげているのを見て「自分も小顔だったら投稿出来るのになぁ」と悩んでるとします。

「インスタ見るとみんな小顔、どうやったら小顔になれるの?」

ここで、悩みの共感を作りました。同じなやみがある人は必ず共感するはずです。

「○○市駅HIFU~ハイフ~」

これは、販売したい商品です。

「小顔になってインスタあげよう!!」

ここで、商品を購入すると手に入る物語を伝えてます。

この1枚の画像で、悩みの共感から手に入る物語を「提案」しただけの画像です。

その効果、

「問い合わせが2倍以上」になりました。

竹花貴騎さんのYouTubeを見るべし

個人経営者の方は日々「集客」を考えてると思いますが、どのように「集客」を勉強していますか?

僕は竹花貴騎さんの動画を見て「集客」の考え方が変わりました。

竹花貴騎さんの公式ページ

竹花貴騎さんはホントに凄い「勉強家」です。ビジネスマインドも最強ですが、「学ぶ事」に関してはトップレベルの資産家さんです。

実際に「MUPカレッジ」という学びの場を設立し、次世代の資産家を育てる事にも熱心な方です。

竹花貴騎さんの素晴らし処は、学んだ知識をYouTubeにて無料で配信されている事です。

他にビジネス情報配信者はたくさんいますが「竹花貴騎」さんは別格です。

別格で速戦的な情報を配信しています。

そんな、竹花貴騎さんの動画の中から特に経営者の方は見た方がいいものを「ピックアップ」させて頂きました。

タイトルとURLをコピーしました