「メタマスク」でMV(polygon)をステーキングする方法

メタマスクでMV(polygon)をステーキングする方法【元素騎士】

この記事では、MetaMask(メタマスク)で元素騎士のトークン「MV(polygon)」をステーキングしてRONDトークンを報酬として貰う方法を解説しています。

メタマスクでMV(polygon)を所有すると

「公式マーケットプライスでNFT装備の購入」

「ゲーム内にMVをインポートしてアイテムの購入」なども可能になります。

元素騎士を楽しくプレイするためにもメタマスクでMVを所有する方法を覚えましょう♪

スマホ1つで初心者にも簡単です☆

【元素騎士】KRAKENのMV(ERC20)をMetaMaskでステーキングする方法はコチラ

  • MetaMask(メタマスク)とは
  • ステーキングとは
  • MetaMask(メタマスク)の始め方
  • MVのステーキング方法

の4つについて、解説しています。

MetaMask(メタマスク)とは

MetaMask(メタマスク)は、Ethereum系ブロックチェーンの通貨やNFT(非代替性トークン)を一括で補完・管理できるソフトウェアウォレットであり、ブラウザ拡張機能版とモバイルアプリ版がある。2016年9月に公開され、ConsenSys(consensys.net)という会社によって開発・運営されている。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

MetaMask(メタマスク)とは、イーサリアムブロックチェーンに対応した仮想通貨ウォレットとです。

「ウォレット」とは、口座や財布のようなものです。

あなたの大切な仮想通貨NFTを管理できます。

買ったNFTやもらったNFTはウォレットで管理します。

現在、イーサリアムベースのNFTアートやNFTゲームが増えています。

その多くが、MetaMask(メタマスク)を接続した上での決済や管理を必要としています。

【元素騎士】もその一つで、NFTを管理したりMV(GensoKishi Metaverse)をステーキングしてRONDを増やすにも、MetaMask(メタマスク)が必要になります。

MetaMask(メタマスク)は、パソコンのGooglechromeの拡張機能で使用するWeb版とスマホで使用するアプリ版があります。

海外プラットフォームですが、日本語に対応しています。

無料ウォレットを作成できるので、気軽に始められます。

ステーキングとは

「ステーキング」とは、仮想通貨を保持しブロックチェーンのネットワークに参加する事で報酬を得る方法です。

ステーキングするとなぜ報酬がもらえるのか?

仮想通貨の取引や送金データを正しくブロックチェーンに記録するための仕組み「PoS」が関係します。

ステーキングする事により、

仮想通貨を多く・長く保有することで、仮想通貨のデータの正しさを証明する作業に貢献する事ができます。

その、見返りに「報酬」が貰えるのです。

今回の目的「MV(polygon)をメタマスクでステーキングする」ことにより、元素騎士から【ROND】を報酬としてもらえます。

「ROND」とは、元素騎士ゲーム内で使う通貨「miniROND」と交換できる仮想通貨です。

ゲームを有利に進める為にも、MVのステーキングはオススメです♪

MetaMask(メタマスク)の始め方

ここからは、実際にMetaMaskでウォレットを作成する方法を解説していきます。

メタマスクはPC版とアプリ版で作成が可能です。

MetaMaskウォレット作成「パソコン版」

chromeウェブストアを開き「MetaMask」を検索します。

赤丸の部分「MetaMask」を入れて検索。


赤丸の部分を選んでください。


赤丸「chromeに追加」を選んでください。


赤丸の「拡張機能を追加」を選んでください。


「開始」を選んでください。


「結構です」「同意する」どちらでも開始できます。

お好きな方を選んでください。


始めての方は右側「ウォレットを作成」を選んでください。


パスワードを設定して「利用規約」を読みレ点をいれたら

「作成」を選んでください。


動画を再生して説明を見ます。終わったら、

「次へ」を選んでください。


赤丸の部分を選んでください。


緑の枠の中に表示された英単語を「メモ」します。

※必ず誰にも知られないように保管しましょう。

「次へ」を選んでください。


青い枠の英単語を「メモ」通り選択してください。

終わったら「確認」を選んでください。


確認したら「すべて完了」を選んでください。


これで「MetaMask~メタマスク~」のウォレット作成完了です。

MetaMaskウォレット作成「アプリ版」

MetaMask - Blockchain Wallet
MetaMask – Blockchain Wallet
開発元:MetaMask
無料
posted withアプリーチ

から、アプリをダウンロードします。

作成の流れは「パソコン版」と同じです。

※パソコンでウォレット作成済みの方は「ウォレットをインポート」を選びシークレットリカバリーフレーズを使ってインポートしてください。

mv ステーキング

※ここから先は、口座番号を使うような作業になる為注意が必要です※

世の中には振込先を変えて悪用するサイトも存在します。

ご自身の判断で慎重におこなって下さい。公式サイトの確認や利用をおススメします。

当サイトは、元素騎士公式の

「GensoKishi Staking Dapp for MV(polygon)」

こちらのページを参考にしています。

  • Polygonネットワークを設定する
  • MVトークンのインポート
  • RONDトークンのインポート
  • KURAKENからMetaMaskにMVの送金方法
  • MVをステーキングする

の4つを説明します。

Polygonネットワークを設定

メタマスクを開きます。

右上赤丸の「イーサリアム メインネット」と書かれている場所を開く。

「ネットワークの追加」を選択

以下の情報を入力

ネットワーク名:Matic mainnet

RPC URL:https://polygon-rpc.com

チェーンID:137

通貨記号(シンボル):MATIC

ブロックエクスプローラーURL:https://polygonscan.com/

入力が終わったら「保存」を選択。

和訳するとコチラ

確認したら「了解」を選択。

上の画像のように表示されたらpolygonネットワーク設定の完了です。

MVトークンのインポート

MetaMask(メタマスク)のウォレットを開きます。

赤丸「トークンをインポート」を選んでください。


赤丸「カスタムトークン」を選んでください。


赤枠の部分に

元素騎士ステーキングシステムについてより引用

赤枠

0xA3c322Ad15218fBFAEd26bA7f616249f7705D945

を、コピーして貼り付けます。


上の画像のように反映されたら赤丸「カスタムトークンを追加」を選んでください。


赤丸「トークンをインポート」を選んでください。


赤丸の部分を選択します。

RONDトークンのインポート

赤丸「トークンをインポート」を選んでください。


赤丸「カスタムトークン」を選びます。


赤枠の部分に

元素騎士ステーキングシステムについてより引用
0x204820b6e6feae805e376d2c6837446186e57981

をコピーして貼り付けます。


上の画像のように反映されたら

赤丸「カスタムトークンを追加」を選びます。


確認したら赤丸「トークンをインポート」を選びます。


赤丸の部分を選択してください。

上の画像のように表示されたら「MV」と「ROND」トークンのインポートは完了です。

アプリ版でも手順は同じです。

BybitのMVをメタマスクに送金する

Bybitの「資産」を開きます。

「現物」のMVを選択してください。

赤丸の部分「出金」を選択します。

「アドレス」はメタマスクのウォレットアドレスを貼り付けます。

パソコンのメタマスクで「QRコード」を読み取れば簡単です。

右上のアカウントの詳細を開く
赤丸を選択すればコピーできます

「ネットワーク」は『MATIC』を選択します。

「金額」は、すべてを選択すると全額になります。

内容に間違いが無ければ「出金」を選択してください。

セキュリティ設定している方は「セキュリティ認証」をおこなってください。

これで、BybitのMV(polygon)がメタマスクに送金されました。

MV(polygon)をステーキングする

パソコン版ではchromeの同じブラウザタブで

「 https://genso.game/ja/staking/ 」

を開きます。

※MetaMask(メタマスク)にログインした状態で開いてください※


の部分を選択して

「MetaMaskのウォレット」と「元素騎士のステーキング」を接続します。


レ点が付いたアカウントが正しければ「次へ」を選んでください。


問題なければ「接続」を選びます。


画像はイメージです

上の画像のように数字が表示されたら接続完了です。

MetaMask(メタマスク)で行う作業(預け入れ・引き出し)は、「トランザクション」と呼ばれます。

このトランザクションには「ガス」(手数料)が掛かります。

ガス代には「MATIC」が必要です。

あらかじめBybitでMATICを購入して、メタマスクに送金する必要があります。


画像はイメージです

赤丸「MVのステーキングを許可する」を選びます。

ステーキングをするにも許可が必要になります、このトランザクションも毎回必要です。


※画像はイメージです

MATICを入金すると「確認」が選択できます。


ステーキング許可のトランザクションが終わると、下の画像のように

「新規で預けるMVの量」が入力できるようになります。

画像はイメージです

「新規で預けるMVの量」の入力が出来たら

赤丸「ステーキング(預け入れ)」を選びます。

※最初は、試験的に少額をステーキングする事をおススメします。


画像はイメージです

上の画像のように「預け入れ」の欄に数字が反映されたらステーキング完了です。

MVの預け入れ量が多いほど、報酬も大きくなります。


【スマホアプリ版でも、基本的に同じ工程になります。】

MetaMask(メタマスク)のウォレットを開きます。

左上の赤丸の部分の三本線(メニュー)を開きます。


赤丸の「ブラウザ」を選びます。


赤枠の部分に

「 https://genso.game/ja/staking/ 」

を入力して接続します。

接続が完了したら「パソコン版」と同じ工程でステーキングできます。


ステーキング報酬のRONDは、3日経過すると受け取る事ができます。

現在、BybitでRONDトークンのステーキングも可能です。

元素騎士でもらったRONDをBybitで更に増やすことが出来ちゃいます♪

以上が、KURAKENのMVをMetaMaskでステーキングする方法です。

元素騎士は、オープンβが開始されるため無料で誰でも「テストプレイ」が可能です♪

PCもしくは、Android端末でプレイできます。※IOSは未実装

コチラの公式ページからダウンロード可能です。

現在、

  • NFT装備のインポート
  • ROND・MVのインポート

などが実装されています。

MVをステーキングするそ様々な特典があります。

この機会に是非、ステーキングしてみてください☆

【オススメの記事】

【web3.0 副業】ゲームで稼ぐ時代がついに来た!!

【元素騎士】KRAKENのMV(ERC20)をMetaMaskでステーキングする方法

この記事1つで仮想通貨取引が分かる【初心者向け】

タイトルとURLをコピーしました